今野整骨院PCヘッダー
今野接骨院のスマホヘッダー
  • 毎月先着10名様限定!リニューアルオープンキャンペーン
リニューアルオープンキャンペーン

HOME | 腱鞘炎

腱鞘炎のお悩みなら
さいたま市・東大宮の今野整骨院

腱鞘炎とはそもそも「腱鞘」という部分に炎症が起きていることを示します。
 
手首に起こり、パソコンやペンでの加筆など、手首を多くつかう社会なので、仕事などに支障がさまざまな場面で出ていることで有名な病気です。
 
特に痛みが症状としてあげられ、安静にすることで一旦の症状は抑えることが出来ます。
 
しかし炎症が起きているということは何かしらの原因があるわけで、その原因を取り除かないと腱鞘炎は日常生活に大きな影響を与えるとされています。
 
炎症の仕組みを手首の構造を通して見てみますと、本来人間の身体には骨と筋肉が運動における構成として主にあります。
 
骨と筋肉がくっついている部分が「腱」です。そしてその健を部分的に覆っているのが「腱鞘」です。
 
そこに炎症が起こると腱鞘炎となります。
 
一般的に多いのが狭窄性腱鞘炎と言われているものです。
 
それは例えば運動のしすぎによる腱鞘への負荷で、トンネルのように囲われている健の動きが肥大などの影響で上手くいかなくなり、やがて痛みとなって現れます。
 
そのためたとえ安静にすることで一旦の痛みを抑えることができたとしても、腱鞘の極度の負担による状態変化のため治療をしなくては日常生活のあらゆる場面で再燃しますので、ストレス要因としても問題になってしまいます。
 
負荷がかかるのであればさまざまな要因から起こると考えられ、例えば交通事故などで筋肉や骨が傷んでも同じようなことが起きる可能性があります。
 
このような過度の負荷によるズレなどが起こると常に偏った負荷が伴うため、人体に良い影響を与えることはありません。
 
しっかりとした整体を行うことで、腱鞘炎の治療後も隠れた負担のないような状態にすることが必要といえます。
 
さいたま市・東大宮における交通事故の即時治療が可能な今野整骨院では、そのような患者様の即時対応が可能であり、整骨院として患者様の整体を骨格からきめ細やかに考え、腱鞘炎の根本であるズレを改善し根本から改善するといった、生活の質を上げるための対応が可能です。

どこへ行っても改善しない腱鞘炎のお悩みは
さいたま市・東大宮の今野整骨院へ

 

フッター