今野整骨院PCヘッダー
今野接骨院のスマホヘッダー
  • 毎月先着10名様限定!リニューアルオープンキャンペーン
リニューアルオープンキャンペーン

HOME | シーバー病

シーバー病って?

踵骨骨端症(かかと)やセーバー病とも呼ばれています。 
 
10歳前後の男の子に多くみられます。
特に、サッカーや陸上競技、バスケット、バレーボールをしている子が
なりやすい傾向があります。
 

症状は?

かかとの軽い腫れや、圧痛(押すと痛む)、歩くと痛かったりします。
運動が出来なくなる事も多いです。
整形外科では『成長痛』と言われたり、『運動をやめなさい』と言われる事もあります。
また、ストレッチや履いている靴に足底版(インソール)を入れる事を奨められます。
 

どうしてなるの?

一般的には、アキレス腱(ふくらはぎの筋肉)と足の裏の筋肉(足底筋膜)
運動により、繰り返し『引っ張りっこ』をしてしまう事だと言われています。
その他に、子供の骨は大人に比べ
軟骨成分が多い為、衝撃に弱いことなども挙げられています。
 

~過去に、シーバー病で今野整骨院にご来院された方のお悩み~

☑痛みがひどくて、運動ができない
☑痛みで、徒歩での通学が難しく毎朝車で送り迎えをしていた(3ヶ月)
☑病院や治療院を渡り歩き、最終的に40分もかけて当院に通院して完治した
☑テーピングやサポーターを使うと少し楽だが、根本的な痛みは解決していない
☑大好きな運動が出来ない事から、お子さんのストレスが感じられる  など
 

 他院と今野整骨院との違い

シーバー病の施術内容について

他院の施術内容でも改善する事がありますが
完治するまで時間がかかったり、再発をすることが多いです。
 
当院の施術内容は、平均23回で早期改善する方がほとんどです。
 
当院では早期に痛みを取り除き、痛みを再発しない身体の作りを指導致します!

フッター